ホーム » 美容液以外のコスメ » クリーム » エトヴォスクリームの成分をわかりやすく解説【ヒト型セラミド?】

エトヴォスクリームの成分をわかりやすく解説【ヒト型セラミド?】

読了までの目安時間:約 7分

 

エトヴォスのモイスチャーラインシリーズの1つ「モイスチャライジングクリーム」の成分情報です。

 

どんなセラミドが入っているの?量はどれくらい?敏感肌でも安全に使えるの?

 

こうした疑問を解決できるよう、なるべくわかりやすくまとめてみました。

 

 

まずはエトヴォス「モイスチャライジングクリーム」の全成分から

水、シア脂、グリセリン、セテアリルアルコール、メドウフォーム油、ジ(クエン酸/ステアリン酸)ポリグリセリル-3、ラベンダー花水、ベヘニルアルコール、ホホバ種子油、ステアリン酸グリセリル、BG、セラミド1セラミド2セラミド3セラミド5セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、パンテノール、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル、マカデミア種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、コーン油、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ジグリセリン、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、カプリル酸グリセリル、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

 

赤字の成分がエトヴォスのクリームを特徴づけている重要な成分です。

 

以下でこれら成分について解説していきます。

 

 

特筆すべきエトヴォスクリームの成分

ヒト型セラミド~美容液と同じくこれが主役
セラミド1セラミド2セラミド3セラミド5セラミド6Ⅱ

 

美容液「モイスチャライジングセラム」と同じく、ヒト型セラミドが5種類入っています。

 

これだけのヒト型セラミドを配合したものは他に見当たりません。セラミド系コスメの中でもトップクラスといってよいでしょう。

 

とにかく、夜つけて寝ればそのすごさを実感できます。翌朝のすっぴん肌に驚きますよ♪

 

なお、セラミドの詳細については美容液のページをご参照ください。

 

エトヴォス美容液にも入っている成分「ヒト型セラミド」とは?

 

 

肌なじみの良い油分でなめらかなやわらか肌に
シア脂メドウフォーム油ホホバ種子油マカデミア種子油

 

加齢とともにどうしても減少するお肌の油分。それを補ってくれる豊富な油分がクリームには含まれています。

 

どれも肌なじみが良く、やわらかでみずみずしい肌へと導いてくれるものばかり。

 

これら油分は美容液にも含まれていますが、やはりクリームということで配合量が多くなっていますね。

 

なかでも、保護効果の高いシア脂(シアバター)、水分蒸発を防いでくれるメドウフォーム油が、お肌を乾燥からしっかりと守ります。

 

 

ビタミンC誘導体でエイジングケア効果に期待

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは油溶性ビタミンC誘導体の1つで、多くの乳液やクリームに採用されるなど実績のある成分。

 

ビタミンC誘導体には、メラニン色素還元による美白作用や活性酸素の除去、コラーゲン生成のサポートによるシワ・たるみの解消など、幅広いエイジングケア効果が期待できます。

 

ですから、モイスチャライジングクリームを使えば、保湿ケアをしながら同時に「攻めのエイジングケア」もできるということ。

 

年齢肌の悩みには、うってつけのアイテムといえます。

 

 

肌荒れを防ぐ抗炎症成分
アラントイン

 

アラントインは、グリチルリチン酸2Kなどと同じように抗炎症効果を持った成分。

 

そのため、皮膚炎やニキビ、肌荒れなどを防ぐ作用が期待できます。

 

 

肌への安全性は?敏感肌でも使えるの?

問題ありません。美容液と同様、シリコン、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料は不使用です。

 

そのため、敏感肌の方でも安心して使えます。

 

 

エトヴォスクリームの成分・まとめ

ヒト型セラミドを中心に、豊富な油性成分、ビタミンC誘導体、抗炎症成分と、かなり優秀な構成のクリームです。

 

また、リッチで硬めのテクスチャーなので、うるおいを逃がさない「フタ」の役割を存分に発揮してくれます。

 

美容液のところでもお話しましたが、とにかくヒト型セラミドの種類がすごすぎて(汗)これだけでもじゅうぶんなクリームですね。

 

 

この記事に関連する記事一覧

エトヴォス美容液をお得に試すならコレ♪



▲詳細は上の画像をタップ♪

最近の投稿
カテゴリー