ホーム » エトヴォス美容液情報 » エトヴォス美容液の成分をわかりやすくまとめました【セラミド?安全?】

エトヴォス美容液の成分をわかりやすくまとめました【セラミド?安全?】

読了までの目安時間:約 9分

 

エトヴォスのセラミド美容液「モイスチャライジングセラム」の成分情報です。

 

どんなセラミドが入っているの?量はどれくらい?敏感肌でも安全に使えるの?

 

こうした疑問を解決できるよう、なるべくわかりやすくまとめてみました。

 

 

まずはエトヴォス美容液「モイスチャライジングセラム」の全成分から

水、グリセリン、ラベンダー花水、BG、1,2-ヘキサンジオール、セラミド1セラミド2セラミド3セラミド5セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、スクワラン、ホホバ種子油メドウフォーム油シア脂、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキストウキンセンカ花エキスヤグルマギク花エキスカミツレ花エキスセイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキスフユボダイジュ花エキス、ベヘニルアルコール、水酸化K、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

 

赤字の成分がエトヴォスの美容液を特徴づけている重要な成分です。

 

以下でこれら成分について解説していきます。

 

 

特筆すべきエトヴォス美容液の成分

ヒト型セラミド~これが主役
セラミド1セラミド2セラミド3セラミド5セラミド6Ⅱ

 

グリセリンやBG、1,2-ヘキサンジオールなどお馴染みの保湿成分のあとに登場するのが、エトヴォス美容液の主役であるヒト型セラミド5種類

 

「モイスチャライジングセラム」を語るうえでもっとも重要なのが、このヒト型セラミドといえるでしょう。

 

 

セラミドはもともと私たちの肌の「角層」に存在する物質で、外部刺激から肌を守る役割をもっています。

 

それと同時に、お肌の内側の水分を逃がさない働きもあります。

 

このことからセラミドは、お肌のバリア機能を高める成分と言われるのですね。

 

 

しかしこのセラミド、実は加齢によって、また毎日の洗顔などによって少しずつ減ってしまうことがわかっています。

 

セラミドが減少したお肌はバリア機能が弱まるため、内側の水分をキープできず乾燥肌に。

 

乾燥がもっとひどくなれば、外部刺激にも敏感に反応するようになってしまいます。

 

こうした乾燥による肌トラブルを防ぐため、今ではセラミド配合の化粧品がたくさん存在するわけですが・・・

 

 

エトヴォスの美容液「モイスチャライジングセラム」には、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱと、

 

なんとヒト型セラミドが5種類も配合されています。

 

保湿効果の劣る「擬似セラミド」や「糖セラミド」ではなく、私たちの肌にあるのと同じ構造のヒト型セラミドを5種類です。

 

私はいろんなセラミド化粧品を使ったことがありますが、普通は1~2種類、多くても3種類というコスメがほとんどでした。

 

ですから、ヒト型セラミドを5種類というのはちょっと驚異的です。もう明らかに実感力が違いました♪

 

 

肌なじみの良い油分~乳液に近いテクスチャー
ホホバ種子油メドウフォーム油シア脂

 

モイスチャライジングセラムは美容液でありながら、そのテクスチャーは乳液に近いです。それはこの油分が配合されているからですね。

 

シア脂(シアバター)はおなじみですね。保護効果が高い成分として、多くの化粧品で採用されています。

 

ホホバ種子油(ホホバオイル)、メドウフォーム油もすでに実績のある油性成分で、お肌の水分蒸発をしっかりと防いでくれます。

 

 

6種類の花のエキス~整肌効果や保湿効果
ローマカミツレ花エキストウキンセンカ花エキスヤグルマギク花エキスカミツレ花エキスセイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキスフユボダイジュ花エキス

 

植物から抽出されたエキス類で、主にお肌を保護して肌荒れを防ぐ作用があります。

 

また、お肌にうるおいを与えてハリ感を出したり、しっとりした柔らかい肌を維持してくれます。

 

 

肌荒れを防ぐ抗炎症成分
アラントイン

 

アラントインは、グリチルリチン酸2Kなどと同じように抗炎症効果を持った成分。

 

そのため、皮膚炎やニキビ、肌荒れなどを防ぐ作用が期待できます。

 

 

肌への安全性は?敏感肌でも使えるの?

 

シリコン、パラベン、キレート剤、鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料、着色料は不使用。ですから、敏感肌でも安心して使えます。

 

ひとつ気になるのは「フェノキシエタノール」。

 

これは抗菌目的で配合される成分ですが、成分表の一番最後に記載されているため、配合量はごく微量です。ほとんどの方は心配いらないでしょう。

 

むしろこれが入っていないと防腐ができないため、雑菌だらけの美容液となってしまいます。。。

 

あと、「ベヘニルアルコール」が気になるかもしれませんが、これはナタネ油から抽出されるアルコールで、主に水と油を混ぜる「乳化剤」として使用されます。

 

ベヘニルアルコールは、赤ちゃん用のベビーローションなどに採用されることの多い安全性の高い成分。ですから心配いりません。

 

 

エトヴォスセラミド美容液の成分・まとめ

ヒト型セラミドを中心に、油分と保湿成分、お肌の状態を整える成分という構成になっています。

 

繰り返しますが、とにかくヒト型セラミドの種類が驚異的で、同じジャンルの化粧品の中でも飛びぬけていますね。実感力が違います。

 

また、全体的に安全を考えた配合になっているのもポイントで、敏感肌の方でも安心して使うことができる美容液といえます。

 

 

この記事に関連する記事一覧

エトヴォス美容液をお得に試すならコレ♪



▲詳細は上の画像をタップ♪

最近の投稿
カテゴリー